先週末に行なわれた中国超級リーグの上海上港vs石家荘永昌の試合で、「史上最悪のVAR判定」と呼ばれる場面があったそう。

その幻のゴールを決めたのはあのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチ。ウェストハムから中国へやってきたストライカーは、前半28分にこの飛び出しを成功させてシュート!

ところが、これがVARの判定に持ち込まれ、最終的にゴールは認められなかったという。しかもその理由はオフサイドだからというのだが…。

ファウルなら百歩、いや千歩譲ってわからなくもないが…。

【関連記事】欧州5大リーグ、今季「最もチャンスを作った男」TOP10

なお、このあと50分に石家荘永昌が先制するも、69分に上海上港がフッキのゴールで追いついて1-1の引き分けとなっているぞ。