サッカー史上に残る名監督として名を馳せたルイス・ファンハール氏。

最後に指揮したチームはマンチェスター・ユナイテッドで、2014~2016年まで同チームを率いている。

『FourFourTwo』で、ユナイテッド時代に獲得できなかった選手たちについて明かしたとか。

ルイス・ファンハール

「ロベルト・レヴァンドフスキが欲しかった。だが、それが難しいと分かり、代わりにゴンサロ・イグアインを獲ろうとした。

(ユナイテッドの監督に)就任する前にはネイマールについてフロントと話してもいた。ユナイテッドにいるなら、野心的に考える必要がある。

ユニフォームを売るという点でも彼はクラブにとって興味深い存在だった。

自分は速いウィンガーが欲しかった。だから、サディオ・マネやリヤド・マフレズも獲ろうとしていた。

トーマス・ミュラーも私の欲しいものリストに入っていたよ。センターMFでは、エンゴロ・カンテが欲しかった。

ジェームズ・ミルナーとも契約しようとしていた。彼はすでにかなり年をとっていたが、とても多機能的でリーダーシップもある。

守備陣ではセルヒオ・ラモスとマッツ・フメルスが欲しかった。我がチームは後方からの組み立てがそこまで強くなかったからね」

世界的なビッグネームだらけ…。

そんなファンハールが若き日にやった伝説の空手キックがこちら。

足の蹴り上げ方がガチ!

【関連記事】バルセロナがガチで行って振られた9名のスター、そしてその代役

ファンハールは2012年にリヴァプールのディレクター職に就任する可能性もあったとか。