リオネル・メッシのバルセロナ退団説が盛んに報じられている。『TyC Sports』によれば、退団したいという意思をクラブ側に伝えたという。

彼の契約には毎シーズン後に一方的に契約を解除できる条項が含まれており、それを行使するだろうとされている。バルサとの契約は2021年まであるが、今夏での退団を希望しているようだ。

メッシからの公式な要請を受けて、バルサ首脳は緊急会議を開くとも伝えられている。ただ、バルサは7億ユーロ(881億円)に設定されているリリース条項を破棄するつもりはなく、メッシとの法廷闘争を辞さない構えだと伝えるジャーナリストも…。

そうしたなか、元バルサのレジェンドであるカルレス・プジョルがこの件に言及した。彼は「リスペクトと賞賛だ、レオ。友よ、自分は全力でサポートする」とツイートし、50万近い「いいね」がついている。

バルサFWルイス・スアレスもプジョルのツイートに反応し、拍手の絵文字を送ったようだ。2人はメッシの決断についての支持を表明したとも伝えられている。

バルサのキャプテンも務めたプジョルは、魂のディフェンスで愛された選手。リヴァプール相手にやったこの鬼カバーは驚異的だった。

ゴールがら空きなのに得点を許さなかった鬼ブロックは伝説だ(動画7秒~)。

【関連記事】最悪の形でチームを去った「喧嘩別れ移籍」7選

ちなみに、相手は白ユニフォームだが、レアル・マドリーではなくロコモティフ・モスクワ。