今夏大きな騒動を巻き起こしているリーガの名門バルセロナFC。

昨シーズン限りでキケ・セティエン前監督を解任し、そしてロナルト・クーマン氏を新たに指揮官に招聘した。すでに練習でもチームを指導している。

その模様がこれ。さすがOBのレジェンドだけあって、風格がある…。

ただ、キケ・セティエン氏の解任はあくまで職務から外されただけであり、契約はまだ解除されていない。

そして『AS』によれば、セティエン氏は今回バルセロナに対して残った1年分の給与400万ユーロ(およそ5億円)全額の支払いを求めて訴えを起こす予定だという。

ただ、前回の報道では「ロナルト・クーマン氏が公式戦で指揮を執れない可能性がある」と伝えられていたが、そうはならないようだ。

この訴えが裁判所に受理されれば、紛争が起こっている間はロナルト・クーマン氏がベンチ入りする権利を持つことになるとのこと。

バルセロナはセティエン氏の代理人に解任を公式に通知していないが、法的条件では「新しい監督が任命されたときに解任が有効になる」とも理解されるとのことで、両者の立場が食い違っているという。

【関連記事】バルセロナ、すぐ「売れるなら売るべき」10名の選手

とはいえ、バルセロナにとってはセティエン監督との契約が終了するまで給料を支払い続けるか、あるいは違約金の額を交渉するか…どちらにしても多くの負担がかかることは間違いない。