ユヴェントスはアトレティコ・マドリーからスペイン人FWアルバロ・モラタをシーズンローンで獲得したと発表。

ローン料は1000万ユーロ(12.8億円)で、1年間の延長オプションも付随する。モラタにとって2016年以来となる古巣復帰だ。

『Marca』によれば、彼のキャリアを通じた移籍金総額は2.05億ユーロ(251億円)を超えるという。

2014年にレアル・マドリーからユーヴェに2000万ユーロ(25億円)で移籍。2016年にレアルが3000万ユーロ(36億円)で買い戻す。そして、2017年にはチェルシーが8000万ユーロ(98億円)で獲得。その後、アトレティコが6500万ユーロ(80億円)の移籍金を支払っている。

そのモラタがエデン・アザールとのコンビで奪ったゴールがこれ。

この入り方は完璧!ゴールを決めた相手はアトレティコだ。

【関連記事】「タダ獲りの達人」ユヴェントス、フリーで契約したベスト11

モラタはカスティージャを除けば、同じクラブに続けて3年以上いたことがないそう。