チェルシーに移籍したドイツ代表MFカイ・ハヴァーツは、バーンリーとのリーグカップでハットトリックの大活躍を見せた。

あのラルフ・ラングニック氏もそのポテンシャルを絶賛した。ホッフェンハイムやRBライプツィヒなどで辣腕を振るった同氏は、『Sky Sports』に対してこう述べたのだ。

ラルフ・ラングニック

「彼が持続的な成功を収め、2,3年以内にトップ選手のひとりになるのは間違いない。

適応するのに数週間はかかるだろう。彼は素晴らしい家族的環境にあったからね。

私はそれを知っている。彼をライプツィヒに引き抜こうとしたけれど、完全にレヴァークーゼンに身を捧げていたからね。

弱点が見当たらない選手のひとりでもある。モダンなヨハン・クライフのようなタイプだ。ゴールもできるし、アシストもできる。

9番でも9.5番でもプレー可能だ。ウィンガーではないが、中央のエリアでは非常に有用だよ。

彼のベストポジションは10番か、4-3-3での攻撃的な8番だ。

非常に有用だし、得点とアシストを供給するための360度のレーダーを備えたほぼ完璧な攻撃的MFだね。

この移籍がチェルシーとカイにとってサクセスストーリーになるのは間違いないね」

現代のクライフと絶賛されたハヴァーツの得点センスが分かる圧巻シーンがこれ(以下動画39秒~)。

2点目は動画1分18秒~、3点目は動画1分32秒~。カラム・ハドソン・オドイとのコンビも見事だ。

【関連記事】「NEXTジダン」になれなかった7人の天才

チェルシーはWBAを挟んで、リーグカップでトッテナムとのダービーを戦う。