新型コロナウイルスへの感染が判明したユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。

本人はCovid-19に関するプロトコルには一切違反していないとしているが、『la Repubblica』などによれば、イタリアのスポーツ大臣ヴィンチェンツォ・スパダフォーラ氏は「その態度は傲慢で無礼」などと酷評したという。

大臣は「有名人であれば、責任を負って模範にならばければいけない」としつつ、「出来るだけ早い回復を願う」とも述べたそう。

そのロナウドは上半身裸でInstagramのライブ配信を行い、「症状はない。気分はいいし、よく眠れている」などと報告した。

35歳になるロナウドだが、異次元のフィジカルは健在。おどろきのジャンプ力を見せつけた跳躍シーンが大きな話題になったばかりだ。

まさに“跳人”的ジャンプだった。

ユヴェントスはU-19、U-23チームでもコロナ感染が確認され、両チームとも隔離措置がとられている。