先日新型コロナウイルスに感染していることが明らかになり、隔離生活を送らなければならなくなったズラタン・イブラヒモヴィッチ。

しかし無事にそこから回復し、復帰してからも3試合で4ゴールと大爆発。セリエAで首位をひた走るミランのエースとして、病気の影響を感じさせないプレーを見せている。

そして、その彼のSNSに今回掲載されたのがこの映像だ。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「ウイルスはオレに挑戦してきた。そしてオレは打ち勝った。

しかし、君たちはズラタンではない。ウイルスに挑戦するな。頭を使え。ルールを尊重しろ。

ソーシャルディスタンスをとり、マスクを着けよう、常に。我々はいずれ勝つ」

青空の下、そう言ってマスクを着けるイブラ!これはミランが本拠地をおいているロンバルディア州のキャンペーンで、両者の協力によって作られた映像であるそう。

地域のウェブサイトやSNSにも投稿されているとのことで、イブラの知名度を啓発運動に利用し、マスクの着用を促していく狙いがあるとのこと。

現在イタリアでは新型コロナウイルスの第二波が到来しており、水曜には1日で2万5千人もの感染者が発見されている状況だ。

我々はイブラヒモヴィッチでもホリエモンでもない。マスクを着用することによって少しでも感染を広げないようにすることで、いつか勝とう…というメッセージである。