欧州各地で行われているUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第3節。アトレティコ・マドリーは敵地でのロコモティフ・モスクワ戦に1-1で引き分けた。

そうしたなか、ロコモティフの英語版Twitterの突込みが話題になっている。アトレティコ側の選手表記に対して「今後はグーグル翻訳を使わないでね」と苦言を呈したのだ。

アトレティコはロコモティフのロシア人DFアルトゥル・チョルニーをなぜか「Artur NEGRO」と表記。

キリル文字で表記された彼の名前をグーグル翻訳でスペイン語にすると「Artur Negro」になるのだ。最初から英語表記をコピペしていれば、問題は起きなかったはずだが…。

なお、このアカウントに認証マークはないが、公式からリンクされている正式な英語版アカウントだ。

そんな一戦では、アトレティコFWルイス・スアレスが“VAR覗き”でイエローカードを食らったシーンも話題になっている。

後ろから覗き見したスアレス。白線の内側には立ち入っていなかったのだが、イエローを提示されてしまった。

ちなみに、ロコモティフはリーグ戦含めて5試合勝ちなし(3敗2分)と苦しい状況にある。