日本人選手たちもプレーするブンデスリーガとリーグアン。ドイツとフランスのトップリーグはどちらが難しいのか。

『beIN SPORTS』によれば、ボルシアMGのフランス人FWアラサヌ・プレアはこう述べたという。

アラサヌ・プレア(ボルシアMG FW)

「リーグアンよりもブンデスリーガで得点を決めるほうが簡単だ。試合がよりオープンだからね。

リーグアンにはスペースがない。ブンデスはどのチームも攻撃を狙っていて、スペースがたくさんあるし、試合で得点するチャンスがよりある」

スペースがないリーグアンに比べて、ブンデスは余裕があるという持論を展開していたようだ。

【写真】プレミアリーグに合いそうな、ブンデスリーガのタレント10名

27歳のプレアはもともとリヨンで育成されたアタッカー。移籍したニースでブレイクした後、2018年にボルシアMGに引き抜かれた。

リーグアンでは119試合で36ゴール、ブンデスでは73試合で24ゴールを決めている。