ついに公のものになった欧州スーパーリーグ構想だが、各方面から大きな批判を浴びており、ここにきて急転直下でトーンダウンしてきた。

『Daily Mail』いよれば、リヴァプールの主将ジョーダン・ヘンダーソンはプレミアリーグのキャプテンたちとスーパーリーグに対する反応を話し合うための緊急会議を呼びかけたという。そのヘンダーソンは以下のような声明を出した。

ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプールMF)

「僕らはこれが好きではないし、実現を望まない。

これが僕らの共同的な立場だ。

僕らはこのクラブにコミットメントしているし、サポーターたちは絶対的だ。

You'll Never Walk Alone」

また、ヘンダーソンは「リヴァプールの選手としてこう言う必要がある」とも綴っている。

【動画】南野も感謝?ヘンダーソンのキャプテンシー

これはプレミアリーグのキャプテンたちとの共同声明ではなく、リヴァプールのキャプテンとしての声明のようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】