マンチェスター・ユナイテッドはエディンソン・カバーニとの契約を2022年6月末まで1年間延長すると発表した。

今季ユナイテッドに加入したカバーニはここまで35試合で15ゴールをマーク。プレミアリーグで途中投入から決めた得点数はすでにクラブ最多記録に並んでいる。

そのカバーニがファンたちが歌うチャントを自ら口ずさむ様子が話題だ。

ピッチ上では見せないキュートな笑顔!

【動画】ネイマールと衝突!?カバーニ、PSG時代のわがままシーン

ドイツ代表は退任するヨハヒム・レーフ監督の後任として、ハンジ・フリック氏と3年契約を結ぶようだ。

『Abendzeitung München』が今夏のEURO終了後の就任が決まったと伝えている。

ドイツ代表は2006年からチームを率いてきたレーフ監督がEURO後に退任。その後釜にフリック監督が収まることがついに決まったようだ。よって、2022年のW杯、2024年のEUROは同監督のもとで戦うことになる。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら