東京オリンピックの3位決定戦で日本を下して銅メダルを獲得したメキシコ。メキシコ開催だった1968年大会とは真逆の結果となった。

オーバーエイジとした今大会に参戦した36歳のギジェルモ・オチョアは試合後に感涙していた。

『Marca Claro』によれば、オチョアは感極まった理由をこう明かしていたそう。

ギジェルモ・オチョア(メキシコ五輪代表GK)

「息子にメダルを渡したかったんだ。手ぶらでメキシコに帰りたくなかった。

家族にメダルをあげたかった。多くの犠牲を払ったし、ずっと休みもなかったからね。

日本に来る前に息子とお別れした際、『パパ、また行っちゃうの』と言われて胸が張り裂けそうだった。

人々やメディアが目にしていないものがある。我々のひどい食事、移動、家庭での問題。

多くの批判を受けたが、我々は止まらない。エリートでいることは簡単ではない、フィジカル的、何よりもメンタル的にかなりのものが要求される。

我々は最後まで残ることを狙っており、それを実現した。これは家族のためのメダルだ」

別れを告げた際に息子から言われた言葉に心を打ち砕かれたというオチョア。家族のためにメダルを獲得できたことに感極まっていたようだ。

【動画】守護神オチョア、日本代表を絶望させた鬼神セーブ

なお、彼は5つ星ホテルに宿泊した日本代表と選手村に泊まった自分たちとの待遇差には苦言を呈していた。ひどい食事という発言も気になるところだ。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら