今季、レアル・マドリーの監督に復帰したカルロ・アンチェロッティ氏。

2012年1月から2013年6月末まではPSGの指揮官を務めた。ただ、後味の悪い退団になっていたようだ。『Universo Valdano』でこう話していたそう。

カルロ・アンチェロッティ

「教え子だったレオナルドのおかげであそこに行った。

カタールが買収したばかりで、私はそのプロジェクトが大いに気に入ったし、まだ監督が不在だった。

トレーニングの構造を変えたり、キッチンを設置したりすることから始めたよ。

フランスの選手たちは練習の30分前に来て、30分後には帰るからね。

私はプロジェクトを気に入っていたが、2年目になると彼らは私にあまり満足していなかった。

CLでは決勝トーナメント進出が決まっていたのに、リーグ戦に負けると、ポルトに勝てなかったら、クビにすると宣告された。

私は、なぜそんなことを言うのか、信頼関係が壊れると伝えた。

彼らが更新したがっていたとしても、私は2月の時点で退団を決意していた」

アンチェロッティとPSGとの関係が悪化したのは、2012年12月。国内カップ戦でサンテティエンヌに5-3、リーグ戦でニースに2-1で敗れて2連敗。その後のポルト戦で負ければ解任すると通告されたとか。

【関連】忘れないで!「PSG、カタール買収以前のベストイレブン」

そのポルト戦には2-1で勝利したが、年明けの時点でチームを去ることを決断していたそう。アンチェロッティ監督が率いたPSGは77試合で49勝17分11敗という戦績だった。