かつて日本代表を指揮したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。モロッコ代表を2022年W杯出場に導いたが、まだも大会前に解任される可能性がある。

モロッコメディアによれば、モロッコ代表は後任候補であるアンドレ・ヴィラス=ボアス氏と高度な交渉を行っているという。

44歳のヴィラス=ボアス監督は2021年2月にマルセイユを退団して以降は無所属となっている。

【関連】代表監督や代表チームとケンカ別れした7人のスター

ハリルホジッチ監督は戦術的な選択と人選を批判されており、数日中に去就が決まるとも伝えられている。

同氏はハキム・ジヤシュとヌサイル・マズラウィと代表から追放したが、ファンたちは2人の復帰を求めているそう。