Qolyでユニフォーム記事を執筆しているLFB店長です。

このたび「Qoly × LFB Vintage」のユニフォーム・ブログを、こちらでもご紹介させていただくことになりました。

フワッとしたブログなのでQolyへの掲載など恐れ多くて1ミリたりとも考えたことはなかったのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

栄えある初回(?)は、当時ちょっとした衝撃だったマルセイユの「七分袖」ユニフォームです。

マルセイユ 2008-09 adidas サード半袖(七分袖) ユニフォーム

GKユニフォームでは七分袖っぽいユニフォームを見かけますが、フィールドプレーヤー用では異例かつ前例のなかった七分袖ユニフォーム。かなり新鮮というか斬新なユニの登場に、当時はかなり驚きました。

しかし...選手的にはどうなのか?というこの七分袖ユニフォーム。選手も着用したのかといえば、実はそうではありません。七分袖はレプリカユニだけの仕様で、選手は基本的に袖丈長めの半袖か、ごく普通の長袖を着用していました。

リーグアンでも使われましたが、どちらかといえばチャンピオンズリーグでの印象が強いゴールドのユニ。

そのCLではホームゲームのリヴァプール戦で、このサードを着用したこともありました。ちなみにグループステージは、リヴァプール、アトレティコ・マドリー、PSVと同じ組を戦っています。

記憶している限りでは、adidasはマルセイユやメキシコ代表など数チームで七分袖を採用。レプリカユニフォームのみ七分袖を採用した理由は謎ですが、何らかの新たな展開を目指して試験的に導入したのだと思われます。

結果的に七分袖は定着することなく1年ほどで姿を消したので、ある意味では貴重な幻のユニフォームといえるかもしれません。

そんなマルセイユの珍しい七分袖ユニフォーム。「Qoly × LFB Vintage」で新品デッドストックが入手可能です。