「イッセイ・ミヤケ」のブランドで知られた世界的ファッションデザイナーの三宅一生さんが死去した。

ファッション業界からその死を悼む声が寄せられているが、ファッショニスタであるサッカー選手も哀悼の意を表している。

アーセナルに所属するスペイン人DFエクトル・ベジェリンが、SNS上で三宅一生さんの写真にハートと鳩の絵文字を添えるメッセージをポストして追悼していたのだ。

ベジェリンはサッカー界随一のファッション好きとして知られている選手。

【関連】世界的サッカー選手たちが愛用するデザイナーズブランド7選

「エイチ・アンド・エム」とコレボしたサステナブルなアイテムも発表したが、最近は趣向に変化があったようだ。『GQ』のインタビューでこう話している。

「自分のスタイルは劇的に変わった。今はより大人っぽくなったし、着心地重視。

新しい服はあまり買わなくなったし、古着を買ったり、長く使えるより価値のあるものを手に入れるようにしている。

長持ちしたり、循環性が大事。昔は今ほど情報を持っていなかったけれど、今はリサイクルしたり、手直ししたり、交換したりしているよ。

昔の自分の写真を見るとゾッとするね」

「新型コロナで大打撃を受けた友達から物を買うほうが好き。新品を買いに行くことはない。

リサーチするのも大好きなんだ。それまで見たことがなかった90年代の『コム・デ・ギャルソン』のアイテムが出てきたり、より充実感がある。

歴史のあるもののほうが意味があると思う」

『コム・デ・ギャルソン』も日本人ファッションデザイナーの川久保玲氏が立ち上げたブランドだ。