日本代表は23日、アメリカ代表とドイツのデュッセルドルフで親善試合を行い、2-0の勝利を収めた。

この日、最終予選途中から採用してきた4-3-3ではなく4-2-3-1のシステムを選択した日本。2列目には左から久保建英、鎌田大地、伊東純也と並び、1トップは前田大然が入った。

初めての組み合わせということもあって序盤こそ特に左サイドがギクシャクしていたが、時間とともにバランスが良化。丁寧なビルドアップのアメリカに対し日本のプレッシングがハマり始める。

鎌田大地がたびたび決定機を迎えたなか、24分、出色の出来を見せていた守田英正のラストパスから再び鎌田。“三度目の正直”でゴール右隅に流し込み、圧倒的にペースを握っていた日本が先制する。

後半は両チームとも開始から3人を変更。日本は、権田修一をシュミット・ダニエル、酒井宏樹を伊藤洋輝、前田を町野修斗と入れ替え、冨安健洋が右サイドバックに入った。

アメリカはハーフタイムでビルドアップを修正。ロングボールも増やしたことで以降は堅い試合となり、お互いがブロックを作りながら相手のミスを逃さずゴールに迫る場面が増えた。

決定機の数は日本が多かったもののなかなか決められず、そのまま1-0かと思われた88分、途中出場の三笘薫が得意のドリブル突破から鮮やかフィニッシュで追加点。

【関連記事】プーマが最多、ナイキが2位!日本代表の着用スパイクまとめ(2022年9月)

終わってみれば完勝と言える内容で“仮装ドイツ”の一戦を制した日本。次戦は27日、アメリカ同様ワールドカップ出場を決めているエクアドルと対戦する。