23日、カタールワールドカップ・グループFの初戦で、モロッコとクロアチアが対戦した。

両チームともに4-3-3がベース。前回準優勝のクロアチアは、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、マテオ・コヴァチッチ(チェルシー)、マルツェロ・ブロゾヴィッチ(インテル)という中盤が注目された。

お互いに高いボールスキルと強い守備を誇ることもあり、試合は序盤から拮抗した展開に。前半終了間際、左サイドのクロスからニコラ・ヴラシッチが決定的なシュートを放つが、昨季のサモラ賞GKヤシン・ブヌがゴールを許さない。

予選突破後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任が話題となったモロッコだが、仕上がりは十分。後半もつばぜり合いのゲーム展開は続き、両者ともゴールへ迫るものの決定機はほとんど生まれなかった。

【関連記事】まるでアート作品!カタールW杯で着用「NIKE新作プレマッチトップ」11選

試合は結局、今大会3試合目となるスコアレスドロー。クロアチアとしては勝点3の欲しい試合だったが、力のあるモロッコがそれを許さなかった。