バルセロナ、レアル・マドリー、インテルなどの名門クラブでプレーし、2009年に現役を引退したルイス・フィーゴ。

今年5月に自身初のファッションブランド『LF(LUIS FIGO)』を立ち上げ、新たなフィールドとなるファッション業界にデビューした。

『LF』は、トラベルウェアからスポーツウェア、そしてブランドが定義する“ニューシックウェア”を提供。スポーティでエレガント、そして同時に洗練された現代の男性に捧げるハイエンド・コレクションだ。

ブランドの本格始動は2024年の春夏コレクションから。そのため現時点で商品は販売されていないが、ブランド公式のインスタグラムではフィーゴ自身がモデルとなって様々なウェアの着用姿を披露している。

これは数ある投稿の一つだが、大人向けの落ち着きあるカジュアルウェアといった雰囲気。ブランド名には“Luis Figo”と“Luxury Fashion”の2つの意味があるという。

【関連記事】インテル×NIKE『エアマックス97』コラボスニーカーが登場!“流線型ネッラズーリ”が美しすぎる

『LF』コレクションは2024年2月から一部店舗で販売を開始。また、今年7月にはアイテムを限定してオンラインで販売される。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら