先週開幕を迎えたFIFA女子ワールドカップ。

そうしたなか、アルゼンチン代表FWジャミラ・ロドリゲスのタトゥーが話題になっている。

25歳の彼女は多くのタトゥーを彫っているが、左足にはディエゴ・マラドーナとクリスティアーノ・ロナウドを刻んでいるのだ。

マラドーナはアルゼンチンの英雄だが、ロナウドは言わずと知れたリオネル・メッシの宿敵。そして、そのメッシは彫っていない。

彼女は2022年時点で「私のアイドルはメッシではなくロナウド。彼が代表のためにやったこと。彼への賞賛と選手としての尊敬から」と説明していたそう。

また、最近のFIFAの取材では「なぜメッシではなくクリスティアーノなのか?いつも聞かれる質問ね。彼のことを人としても選手としても本当に敬愛している。彼は日々、自分を鼓舞して超えていく。彼が私のアイドル。いいことも悪いことも沢山学んだ」と答えていたそう。

そのうえで、「私の左足には世界最高の2人(マラドーナとロナウド)がいる」とメッシを除外する発言もしていたが、「私はアンチメッシではない」とも述べている。

【関連記事】タトゥーを彫っていない世界最強のスター11人(2023年版)

グループGのアルゼンチンはイタリアとの初戦に0-1で敗戦。28日に南アフリカ、8月2日にスウェーデンと戦う。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★