ラツィオに移籍した鎌田大地がついにセリエA初ゴールを決めた。

3日の第3節で昨季の王者ナポリと対戦すると後半7分に値千金の決勝ゴールを決めたのだ(動画50秒から)。

ゴール前でパスを受けると見事な左足のシュートでゴールを奪う!鎌田のゴールで2-1で勝利したラツィオはようやく今季初白星をゲット。

現地メディアは鎌田についてこう評価していた。

Sport Mediaset 6.5

「序盤は急ぎ過ぎたが、相手の中盤に対処し、秩序とフィジカルで対抗。相手GKの前で冷静さを見せ、2-1で試合を決めた」

Lazio News 7.5

「三杉淳のようにフィットし、大空翼のようにフィニッシュ(ともにキャプテン翼の登場人物)。

新チームで初ゴールを決めた彼は、(サウジアラビアに移籍した)セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチの聖なるカードを枕元に置く人達にメッセージを送った。サムライはついにラツィオに降臨したと」

TUTTOmercatoWEB 7

「サッリ監督は試合前に『鎌田に時間を与えろ』と言っていたが、彼は正しかった。

正確には52分だった。前半に守備で自己犠牲を払うなど奔走した後、ボールを止めて相手GKを倒すのに十分な時間だった」

概ね高評価だったようだ。

【関連記事】鎌田大地が加入!ラツィオの「歴史上最強のベストイレブン」

なお、Optaによれば、ラツィオがセリエAでナポリとのアウェイゲームに連勝したのは、1937年以来86年ぶりのことだったそう。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名