今夏、インテルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したGKアンドレ・オナナ。

彼は昨年末のワールドカップで大会中にカメルーン代表から追放されると、その後、代表引退を宣言した。

ただ、カメルーン代表は今月の代表戦に向けたメンバーにオナナを招集。彼がそれに応じるか否かが注目されていたが、BBCによれば、代表復帰を決断したという。

オナナはこのようなメッセージを投稿したとのこと。

「人生と同じようにサッカーの世界でも、重要な瞬間が訪れ、決定的な選択を迫られる。

この数か月、自分は不正や工作による試練に直面してきた。

我が国からの招集に揺るぎない確信を持って応える。

自分の復帰は自らの夢を実現するためだけではなく、カメルーンの人達の期待とサポートに応えるためでもある」

揺るぎない決意ともに復帰を決めたとしつつ、不当な扱いも受けてきたと示唆してたようだ。

【関連記事】代表監督や代表チームとケンカ別れした7人のスター

カメルーンは来年1月~2月に開催されるアフリカネーションズカップ出場に向けた予選を戦う。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら