リヴァプールは12日に行われたプレミアリーグ第12節ブレントフォード戦に3-0で勝利した。

日本代表MF遠藤航はフル出場で勝利に貢献している。

ただ、相手MFへのタックルは現地で物議を醸しているようだ(動画3分18秒から)。

アルゼンチン代表MFアレクシス・マカリステルが累積警告で出場停止となった一戦でユルゲン・クロップ監督は遠藤、ドミニク・ソボスライ、コーディ・ガクポを中盤で先発起用。

試合後、指揮官は遠藤についてこう話していた。

「遠藤航のパフォーマンスは最高だった。

彼は多くの場面で我々の命を救ってくれたし、超規律正しかった。いい場面が多くあった。

風がやや難しかったし、相手のプレスでやりにくい場面もあったが、彼は本当によかった」

この日のプレーを高く評価していたようだ。

【関連記事】海外日本人、欧州から見た市場価値が最も高い10人(2023年最新版)

マカリステル不在の試合で確かなプレーを見せたのは、今後に向けて大きいかもしれない。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら