Jリーグは28日に理事会を行い、レイラック滋賀FC(JFL)にJ3クラブライセンスが交付されたことを明らかにした。

今季JFLで上位を争ったレイラック滋賀FCは、彦根市に新設された平和堂HATOスタジアムを新たな本拠地として設定し、J3参入に必要なライセンスの取得に向けて動いていた。

9月の理事会ではスタジアムの照明の光量が不足していることが問題となって継続審議とされていたが、今回改めてライセンスの交付が発表された。

平和堂HATOスタジアムでは先日仮設照明のテストが行われ、ピッチ全面において必要な光量1500ルクスを超えたことが明らかにされていた。

なお、まだJリーグのクラブが存在しない滋賀県において、ライセンスが交付されたのは初めてのケースとなるとのこと。

【関連記事】<現地取材>レイラック滋賀FC、Jリーグ入れ替え戦出場間近で…残り10分で溢れた昇格への夢

その後行われたJFL最終節の結果によってレイラック滋賀FCはJリーグ参入に向けた入れ替え戦出場の可能性を失っているが、このライセンス取得によって来季は改めて最初から昇格を念頭に置いてのスタートとなる。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら