この冬にマンチェスター・シティからウェストハムにレンタル移籍したイングランド代表MFカルヴィン・フィリップス。

2022年ワールドカップ後にジョゼップ・グアルディオラ監督からオーバーウェイトだと指摘されたことは大きな話題になった。

『ESPN』によれば、フィリップスは、あの発言についてあらためてこう述べていたそう。

「ペップからオーバーウェイトだと言われたW杯後が一番きつかったかもしれない。彼の行動は正しかったけれど、違うやり方もある。

僕は彼に同意しなかったわけじゃない。でも、自信とシティでの居心地に大打撃を受けた。家族も不満だった、特にママはね。

あれは単なる誤解だった。彼は僕が目標体重を1.5キロほどオーバーして帰ってきたことに激怒していたんだと思う」

実際に設定体重から1.5キロほど太っていたというが、精神的なショックを受けたようだ。

驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

フィリップスとシティとの契約は2028年まであるが、果たして。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら