この夏にパリオリンピックに出場するなでしこジャパンこと日本女子代表。

先日発表されたニュージーランド戦のメンバーには北川ひかる(INAC神戸レオネッサ)も名を連ねた。

その北川は、元なでしこである田中明日菜選手のYouTubeチャンネルに登場。

歴代のなでしこで印象に残っている選手を聞かれると、こう答えていた。

「長谷川唯です。視野の広さだったり、技術の面もそうですし、個人的にはキックの質がすごくよくて、ピンポイントで出したいところに出せるのが凄いなと思います。

(長谷川のキック精度の秘訣は?)

なんなんですかね。自分も一緒にボールを蹴ったりしてても思うんですけど、本当に体型は結構小柄なのに、蹴り方がキレイだなとは個人的に思っていて。自分も蹴り方を意識するところはあるので、そこは似ている部分があるというか。あと、落下地点が分かっているというか、そういう感覚が鋭いのかなと」

視野やキック精度、予測力に優れていると感じているようだ。

なでしこジャパン、パリ五輪でメダル獲得の鍵を握る「主力選手」5名

マンチェスター・シティでプレーする長谷川唯は、英紙が選ぶ英女子トップリーグの年間ベストイレブンに選ばれたばかり。

北川と長谷川は同じ1997年生まれで、2014年U-17女子W杯、2016年U-20女子W杯、2017年アルガルヴェカップでも一緒だった仲。

【厳選Qoly】メッシ引退後にアルゼンチン代表の背番号10を継承しうる5人