『サカつくRTW』では現在、欧州の舞台で活躍したレジェンド選手から現役の欧州スーパースター選手まで登場する“LEGEND SCOUT”を開催している。

そこで今回はこのLEGEND SCOUTに登場する選手も絡め、潜在能力の高さでは世界の頂点を極めていた天才FWたちを紹介してみよう。

アルバロ・レコバ

アルバロ・レコバ

ウルグアイを象徴する選手といえば現在ならスアレス、カバーニの両巨頭だが、もうちょっと前であればフォルラン、さらにその前であれば、このレコバが有名であろう。

東洋人のような顔立ちから“チーノ”(中国人)の愛称で知られたファンタジスタは、セリエAが全盛の時代、あのマラドーナがナポリを一人で救ったかのように“弱小”ヴェネツィアを半年で残留に導く伝説を残した。

彼は完全なる天才肌であり、好不調の波はあまりにも激しかった。しかし“瞬間最大風速”は誰よりも強烈で、特にその左足のレベルは歴代でも有数といえる。

成績だけを見るとそれほど大きなものを残していない。にもかかわらず、これほどサッカーファンに記憶されているという事実が、彼のインパクトの強さを物語っている。