所属するメスでついに出場機会を掴み取ったGK川島永嗣。

第36節でチームの残留に貢献すると、先週末に行われたトゥールーズ戦ではPKをストップさせていた。

そんな好パフォーマンスを披露しているそんな川島は、現地でも高く評価されているようだ。

フランス『L'Equipe』が選ぶ第リーグアン37節のベストイレブンに川島の名前があった。その顔ぶれは以下の通り。

GK:川島 永嗣(メス)
DF:ユスフ・サバリ(ボルドー)
DF:セドリック・ヴァロール(ディジョン)
DF:ジェメルソン(モナコ)
DF:マクスウェル(PSG)
MF:マルコ・ヴェッラッティ(PSG)
MF:ギヨーム・ジレ(ナント)
MF:ルーカス・モウラ(PSG)
MF:キリアン・エンバッペ・ロタン(モナコ)
FW:ラダメル・ファルカオ(モナコ)
FW:エディソン・カバーニ(PSG)

ヴェラッティやキリアン・エンバッペ、カバーニと並び川島の名が!

これだけのメンバーと一緒に選ばれるだけでもインパクトがあるのだが、しかも川島のレーティング(採点)は選出された11名の中では最高となる「9」であった。

川島にとって、同紙のベストイレブンにノミネートされるのはこれが初めてのこと。最終節となるギャンガン戦でも活躍に期待だ!