『Evening Standard』は9日、「チェルシーのブラジル代表MFウィリアンは、モウリーニョ監督とコンテ監督の練習を比較した」と報じた。

チェルシーで長くプレーしているウィリアン。ジョゼ・モウリーニョとアントニオ・コンテの下で働いてきた経験を持つ。

今夏はモウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドに誘われたとも伝えられ、先発&控え両面で信頼されてきた存在だといえる。

両指揮官の下で練習をしてきた彼にとって、二人の違いとは何なのか?

ウィリアン

「彼らは非常に異なっているよ。誰もがそれぞれの仕事の形を持っているわけではあるけど。

モウリーニョ監督は、よりボールを使ってのプラクティスを好んでいる。ポゼッションをして、短いセッションを行う。

コンテ監督は、戦術的なトレーニングや、フィジカル面の強化を好んでいるね。

監督は誰もがそれぞれのスタイルを持っているものだよ。モウリーニョは素晴らしい指導者だし、彼が求めるタイトルを全て獲得してきた人物だ。

そして、コンテも素晴らしい指導者だよ。なぜなら、彼はユヴェントスで全てを勝ち取ってきたし、プレミアリーグも優勝した。チェルシーでの最初の年でね。どちらも強みがある監督さ」