{module [128]}

11月11日、各地でワールドカップアジア予選が開催された。ホームに韓国を迎えたUAE代表は、健闘しながらも0-2と敗北。わずかに残っていた突破の可能性は完全に消えた。ガルフニュースは「ワールドカップの夢が散った」と報じた。

「2つの守備のミスが最終予選進出の希望を砕いた。UAEはラシド・スタジアムで韓国に0-2で敗北。

高いモチベーションを持って序盤から激しい戦いを挑んだ。しかし、アブドゥラ・ミスフィル監督が攻撃のカードを全て切ったにも関わらず、絶好のチャンスを生かすことが出来なかった。前半はイスマイル・マタル、イスマイル・アル・ハマディ、アリ・アル・ウェハイビ、後半はアハメド・ハリル、イサ・オバイド、アブドゥラ・カシムを投入したが、韓国のゴールネットに届かなかった。

見当違いのパスと集中力の欠如が、ほとんどの時間を敵陣で過ごしたホスト国の優位性を失わせた。韓国は守り続けていたが、UAEの疲弊を利用してカウンター攻撃を狙い、2つのゴールを奪うことに成功した。交代出場のイ・グノが85分に、そしてロスタイムにパク・チュヨンが得点した。

UAEサッカー協会の会長を務めるムハンマド・タニ・アル・ルマイティは試合後にこう答えた。『我々はこの試合以前に希望は失っていた。最初にクウェート、レバノンに敗れた時に、既にチームの魂は壊れてしまった。韓国との2試合は良いプレーをしたが、ポイントを獲得できるほどの幸運がなかった』

UAEは15日、最終順位に何の意味ももたらさないクウェートとのアウェイゲームに臨む」

(筆:Qoly編集部 K)

{module [126]}
{module [124]}
{module [123]}
{module [125]}