先日行われたアフリカ・ネイションズカップを3連敗で終えたセネガル代表。前評判の高さを考慮せずとも燦々たる結果に批判が相次ぎ、契約更新したばかりのアマラ・トラオレ監督が早くも解雇された。

セネガルサッカー連盟は「ヤング・ライオンズ」の復活を目指し、優勝を果たしたザンビア代表からエルヴェ・ルナール監督の引き抜きを狙っているという。

連盟会長を務めているオーギュスタン・サンゴール氏はスーパースポーツ・ドットコムのインタビューに対し、ルナールとの接触を認めた。彼によれば、近日中に会談が行われる予定であるとのこと。

現在セネガル代表の暫定的なコーチとなっているのは、かつて2002年のワールドカップで活躍し、イングランド・プレミアリーグでもプレーした名選手アルー・シセ。しかし連盟はよりアフリカのサッカーに精通しており、経験豊かな指揮官を求めている。

しかし、エルヴェ・ルナール監督がザンビアを離れる気があるかどうかは不透明であり、交渉の行く末は定かではない。

なお、セネガル代表の次期監督に関しては、2002年のワールドカップで指揮を執ったブルーノ・メツ氏が復帰に意欲を見せていると報じられている。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}

{module [173]}