ブラジル全国選手権2部 第1節、オエスチ対アヴァイ戦でのワンシーン。1点のリードを許したオエスチは後半アディショナルタイム、最後のチャンスとばかりに守護神フェルナンド・レアルもゴール前に上げると・・・

 

31歳の守護神が土壇場で起死回生となる見事なヘディングシュートを決めて、オエスチは開幕戦を1-1の引き分けに持ち込むことに成功した。

試合後、フェルナンド・レアルは「僕にとってキャリア初のゴールだよ。コーナーになった時、(相手ペナルティ?)エリアに行かなくちゃと頭に浮かんだんだ。神がご加護を与えてくれた。普段はこんなことしないんだけどね・・・」と述べたそうだが、 インタビューの最中こんなシーンも・・・

 

チームメイトのベテランMFメリーニョがフェルナンド・レアルに近寄ると股間に手を・・・。この一件で2人はそういう関係なのかとの噂も立ちそうになったようだが、その後メリーニョは「珍しい出来事だったのでジョークをやったんだ。 (顔を?)叩きにいったんだけど、考えが変わってああなった。彼のあそこを盗むことになったんだ」とコメント。

一方、「仰天した」というフェルナンド・レアルのほうも「あれは試合の熱さがさせたものさ。でも、彼には近寄らないでくれって言ったよ(笑)」とジョークで返したとか。ちなみに、 フェルナンド・レアルは妻帯者だそう。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★