1年以上前にドイツ4部リーグで決まったフリーキックが話題になっている。

昨年9月1日に行われたロート=ヴァイス・エッセン(RWE)対フォルトゥナ・デュッセルドルフⅡ戦でのワンシーン。後半28分、RWEは相手ゴール前でのフリーキックを得ると。。。

ボール周辺に集まった多くの選手が譲り合うようなフェイクをかけつつ、最後は13番のMFケヴィン・グルントが左足を振り抜いて鮮やかにネットを揺らしてみせた。 このトリッキーなゴールもあって、RWEはこの試合に2-1で勝利している。

なお、一部メディアではこのゴールが今シーズンのものとされているが、当サイトが調べた限りでは昨季のプレーに違いないはず。