fifa-puskas-award-2013

FIFAは11日、「FIFAバロンドール」の部門賞の一つである「プスカシュ賞」の候補に選ばれた10のゴールを発表した。

年間最優秀ゴールに贈られる同賞。まずはFIFAと委員会メンバーによって選ばれた、今年のトップ10ゴールを4分でチェック。

●ダニエル・ルドゥエニャ(Daniel Ludueña)
2013/7/27 パチューカ対ティグレス

●ネマニャ・マティッチ(Nemanja Matić)
2013/1/13 ベンフィカ対ポルト

●フアン・マヌエル・オリベラ(Juan Manuel Olivera)
2013/8/28 ナウチコ対スポルチ

●リサ・デ・ヴァンナ(Lisa De Vanna)
2013/6/1 スカイブルーFC対ボストン・ブレイカーズ

●ネイマール(Neymar)
2013/6/15 ブラジル対日本

●アントニオ・ディ・ナターレ(Antonio Di Natale)
2013/4/7 ウディネーゼ対キエーヴォ

●ペーター・アンカーセン(Peter Ankersen)
2013/8/10 エスビャー対オーフス

●ズラタン・イブラヒモヴィッチ(Zlatan Ibrahimović)
2012/11/13 スウェーデン対イングランド

●ルイザ・ネシブ(Louisa Nécib)
2013/3/17 リヨン対サンテティエンヌ

●パナギオティス・コネ(Panagiotis Kone)
2012/12/16 ナポリ対ボローニャ

2011年の同賞受賞者で、完全に常連となったネイマール。今年も6月のコンフェデレーションズカップ開幕戦、日本を相手に決めたあのスーパーゴールにより、3年連続のノミネートを果たしている。

また、選定時期の関係で昨年11月から12月までのゴールも対象となっており、前回対象外となり物議をかもし出したイブラヒモヴィッチのスーパーオーバーヘッドキックが今年ノミネートされた。最有力候補の一つに違いない。

10のゴールはこの後、ファンの投票によって12月9日に上位3つに絞られ、さらに再投票を実施。その結果は、来年1月13日の「FIFAバロンドール・アウォーズ」当日に発表される。