イングランド・プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドは、公式サイトで「オーストラリアU23代表FWディラン・トンビデスが精巣がんのため死去した」と発表した。

ディラン・トンビデスは1994年生まれで、享年20歳。ギリシャの血を引くオーストラリア人選手で、ユース時代は香港のクラブにも所属。2010年にウェストハムの下部組織に入団し、2012年にトップチームに昇格していた。

彼は2011年、U-17ワールドカップでのドーピングチェックで精巣がんに犯されていることが発覚。闘病の末、2012年9月に復帰し、今年1月に行われたAFC U-22選手権にも出場。日本との試合でもワントップで先発していた。

しかし金曜日の早朝に容体が急変。家族に見守られながらこの世を去ることとなったという。

クラブ公式

ウェストハム・ユナイテッド

「ディランの驚くべき回復力は、手術と数ヶ月の化学療法を乗り切る助けとなり、彼の才能は2012年9月のウィガン戦でファーストチームでのデビューを飾らせた。

ピッチを離れれば、ディランは癌の啓発キャンペーンをサポートするため膨大な量の仕事をこなしてきた。サミュエル・L・ジャクソンやジミー・ホワイト、ピーター・アンドレなどと共にワン・フォー・ザ・ボーイズを支援してきた。

ディランは誰もから尊敬される男だった。試合における知的な視点、そして堂々とした性格を持っていた。

彼は息子を愛しており、ウェストハムのメンバーにとって素晴らしい兄弟であり、尊重されていた。彼と知り合うことが出来た全ての人が、彼の不在を大いに寂しがることだろう」