アトレティコ・マドリーはリーガ最終節でバルセロナ相手に引き分け、18シーズンぶりとなる優勝を掴み取った。

指揮官ディエゴ・シメオネが「チームの歴史において最も重要な日のうちのひとつとして記憶されるだろう」と誇らしげに語った偉業は各国メディアもこぞって一面で報じられていたようだ。

スペイン、イタリア、フランス、アルゼンチン、ウルグアイ、ベネズエラの紙面をまとめてくれた方がいたので紹介。