5月19日、『Skysports』は「アトレティコ・マドリーに所属しているベルギー代表GKティボー・クルトワは、来季もとにかく出場機会が欲しいと訴えた」と報じた。

保有権を持つチェルシーから3シーズンに渡ってアトレティコ・マドリーにレンタルされているティボー・クルトワ。今季はリーガ・エスパニョーラ制覇を達成し、さらにチャンピオンズリーグでも決勝に進出した。

彼の活躍は高い評価を受けているものの、チェルシーにはチェコ代表GKペトル・チェフが所属しているため、復帰するにしても出場機会についてはあやふやな状況となる。

クルトワは、来季のクラブについてはチェルシーが決めることとはしながらも、まず出場機会が欲しいと話した。


『Skysports』

ティボー・クルトワ

「次のシーズンには何が起こるか分からない。スペインのチャンピオンになったことはとても嬉しく感じる。今はまだ自分の将来を考える時間はない。来週はチャンピオンズリーグの決勝があり、その後はワールドカップが待っている。

どこに行くにしても、僕はプレーしたい。僕の年齢では、それが一番大事なことだから。求めることはそれだけだ。

ペトル・チェフは世界最高のゴールキーパーの一人であり、彼は今季プレミアリーグでゴールデングローブ賞を獲得した選手だ。僕は彼を尊敬している。

僕はチェルシーとあと2年間の契約を結んでいる。自分がどうなるかは、彼らがどのように判断するかを見てからだ」