ベルギー代表DF、ヤン・ヴェルトンゲンはアルジェリア戦で殊勲のゴールを奪ったMFマルアヌ・フェライニについて語った。

フェライニは昨年の夏にエヴァートンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したがフィットする事ができず批難を浴びているが、トッテナムのヴェルトンゲンはユナイテッドがフェライニの使い方を間違えていると感じているようだ。

「ベルギー代表では彼の使い方をみんな熟知しているが、彼(フェライニ)の別のチーム(マンチェスター・ユナイテッド)でどうかはわからないね」

「マルアヌはベルギー代表で常に重要な選手だ。イングランドで彼に大きなプレッシャーがかかっていることは知っているよ。だが、ベルギーでは彼は常に奮闘し、ゴールを奪ってきた」

「彼のゴールはとても嬉しいし、試合後には抱き合ったよ。ゴールは彼にとって大きな意味を持っていたからね」

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】