2014年ブラジルW杯は今後、偉大なGKを生み出した大会として人々の記憶に刻まれるだろう。

ギジェルモ・オチョアがミラクルセーブを連発すれば、ヴィンセント・エニュアマはメッシのFKに思わず笑みをこぼし、マヌエル・ノイアーは「すぐ戻ります」と言わんばかりにペナルティエリアを飛び出した。他にも様々なGKが大会を盛り上げており、まさにGKのための大会とでも呼べそうである。

そんな今大会で最も印象的なGKは一体誰だろうか?

英国『Mirror』が自社サイトで投票を行っている。ノミネート選手はこの8名。

No.1  ギジェルモ・オチョア(メキシコ代表)
No.2  ヴィンセント・エニュアマ(ナイジェリア代表)
No.3  ティム・ハワード(アメリカ代表)
No.4  ケイロル・ナバス(コスタリカ代表)
No.5 ライス・エンボリ(アルジェリア代表)
No.6  マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)
No.7  ティボー・クルトワ(ベルギー代表)
No.8  ジュリオ・セーザル(ブラジル代表)

では、気になるその投票結果を見てみよう。ジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

※編集部Sはオチョアに投票しました(3日午後)

これぞ圧勝。やはり王者ブラジル相手にオチョアが見せたパフォーマンスが、多くの人の記憶に残っているようだ。