リオネル・メッシの前の「アルゼンチン代表の10番」として有名なフアン・ロマン・リケルメはこの夏、契約延長交渉が合意に至らず、愛するボカ・ジュニオルスを退団。36歳の攻撃的MFは新天地として、ボカとプロ契約を結ぶ前に在籍していた2部のアルヘンティノス・ジュニオルスに先月入団した。

そのリケルメが9日に行われたプリメーラB・ナシオナルの開幕戦、ボカ・ウニドス戦に先発出場し、さっそく初ゴールを記録している。

カウンターで味方からのロングパス。弾むボールにタイミングを合わせながら、「ここで止めるか!」というアウトサイドでのトラップから、右足一閃。ニアサイドにシュートを叩き込んだ。

このリケルメのデビュー戦での初ゴールがそのまま決勝点となり、アルヘンティノスは1-0で勝利。1年での1部復帰に向けて好スタートを切っている。