アレックス・ソングはバルセロナからのローンでウェストハムに加入、ロンドンに戻ってくることになった

スペインではレギュラーとして起用されず本領を発揮しきれなかったソングはプレミア復帰について、「多くのものを与えてくれたリーグ。ここに来たかった」とその理由を語った。 そのソングといえば、強靭なフィジカルを武器とする中盤の“フィルター"というイメージが強いが、アーセナル時代は卓越したパスセンスも見せていた。

プレミア再デビューを前にそのパススキルを振り返ってみる。