アトレティコ・マドリーからチェルシーへ移籍したスペイン代表FW、ジエゴ・コスタはイギリスの気候にショックを受けているようだ。

ブラジル生まれでスペインで名声を掴んだジエゴ・コスタ。スペインより厳しい気候のイギリスでの生活に戸惑いがあるようであり、代表活動のために戻った際に以下のように語っている。

「フットボールの側面では全てうまくいっているよ。だけど、気候が・・・(笑)」

「ジョゼ・モウリーニョの素晴らしさ、自分は彼とうまくいっているよ。全く問題ないね」

「よくプレーし、ゴールを決める事で、自分を証明しているよ」

なお、昨年の夏にトッテナムからレアル・マドリーへ移籍したギャレス・ベイルはスペインでの生活に満足しており、理由の1つとして温暖な気候を挙げている