コパ・アルヘンティーナ、ラシン・クラブ対アルヘンティノス・ジュニオルス戦が行われた。

決勝点を生み出したのはフアン・ロマン・リケルメの右足。後半6分、ペナルティエリア左付近からの角度のないフリーキックの場面で…

クロスではなく直接ゴールを狙ったのかリケルメの蹴ったボールはGKの手のすりぬけてファーサイドのネットを揺らした。このゴールが決勝点となり、2部アルヘンティノスが1部ラシンを1-0で下している。

試合後リケルメは「1部相手の難しい試合だった。(ゴールは?)とてもラッキーだった。僕らが後半をうまくやっていた後にあのゴールが決まった」、「チームはいい感じで、僕らはとてもハッピーだよ。第1の目標は1部に戻ることさ」と語ったそう。