11月24日、『Mirror』は「シャルケ04の新監督に就任したロベルト・ディ・マッテオ氏は、古巣であるチェルシーとの対戦に復讐という気持ちはないと話した」と報じた。

選手としてチェルシーで6シーズンプレーし、その後2012年に監督に就任、チャンピオンズリーグ優勝を果たした経験を持つディ・マッテオ氏。10月にシャルケ04の監督に就任し、今週は古巣との対決に挑む。

かつて解任されたクラブを相手にすることになるディ・マッテオ氏は、インタビューでリベンジをしたいという感情はないと話した。


ロベルト・ディ・マッテオ シャルケ04監督

「この試合は、我々が3ポイントを得て、グループの中で非常に良い位置につけるという意味を持つ。それ以外は何もない。

私は復讐しようとか、それ以外にも感傷的なものは持っていない。私は多くの人々とともに素晴らしい時間を楽しんだ。それだけだ。

チャンピオンズリーグはヨーロッパのフットボールの中で最も大きな大会の一つだ。それを勝ち取るチャンスを手にする監督は多くない。したがって、それは偉大な業績だ。

しかし、私は当時からいつも言っていた。チームが最も重要なものだと。私はチーム、選手、そしてクラブとともに幸福だった。クラブ史上初めての事だった。

(解任されたことについて)

それが人生というものだ。フットボールにおいては、時間は非常に貴重だ。誰もが常に時間を欲する。しかし、我々は皆知っている。現代サッカーではそれがないことを。それを受け入れて、うまくやっていかなければならない。人生はそのあとも進んでいくよ」