インテルがマンチェスター・ユナイテッドのウィンガー、アドナン・ヤヌザイの獲得を狙っているようだ。

『Sportmediaset』によれば、インテルのスポーツディレクターを務めるピエロ・アウジリオが代理人を務めるヤヌザイの父親と話し合いを開始しており、興味があることを申し入れたとのこと。

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督はヤヌザイに経験を積ませる事を望んでおり、1月の移籍ウィンドウでローン移籍させる事を考えているという。インテル側の希望は18ヶ月のローン移籍であるとのこと。

インテルとマンチェスター・ユナイテッドの関係は良好であり、今夏、ネマニャ・ヴィディッチが移籍。また、インテルはCEOとしてマイケル・ボーリングブロークをマンチェスター・ユナイテッドから迎えいれている。

なお、ヤヌザイ獲得が実現しなかった場合はチェルシーのウィンガー、モハメド・サラーの獲得に切り替えるようだ。