ボリビア1部リーグのウニベルシタリオは26日、1994年アメリカW杯のボリビア代表で、Jリーグでプレーした経験を持つフリオ・セサル・バルディビエソ氏を指揮官に招聘したことを発表した。

バルディビエソ(Julio César Baldivieso Rico)氏は現在43歳。

現役時代は高度なテクニックと創造性を併せ持つ古典的な攻撃的MFとして活躍し、マルコ・エチェベリ、エルウィン・サンチェスらとともに90年代ボリビアの中核を担った同国のレジェンド的存在である。1997,98年にはアメリカW杯を指揮した恩師ハビエル・アスカルゴルタ監督が率いる横浜マリノス(現F・マリノス)に加わり、2シーズンで19ゴールを記録した。

ボリビアの“皇帝"と呼ばれた現役時代

その後2008年まで現役を続け、2009年に指導者へ転身する。その最初のクラブとなったアウロラでは当時12歳の息子マウリシオをデビューさせたことで猛烈なバッシングを受け辞任。以後もこれといった結果を残していなかったが、昨シーズン、サン・ホセをリーグ準優勝に導くと、今年の下半期に指揮したウィルステルマンでは4位と好成績を収めていた。

息子マウリシオとバルディビエソ

ウニベルシタリオは昨シーズンの後期リーグでクラブ史上2度目となる優勝を達成。来年のコパ・リベルタドーレスにグループステージから出場する予定となっている。