何かと話題の第68代横綱、朝青龍明徳。現在はモンゴルに帰っているようだ。

そんな朝青龍といえば、サッカー好きとしても知られている。

2007年には負傷のため夏巡業への不参加を届け出ていたものの、中田英寿らとともにサッカーをしていることが発覚。大きなバッシングを受けた。

また、2014年ワールドカップの際には「日本応援するぜ!」と自身のTwitter上で宣言し、コートジボワール戦も興奮しながら観戦していた。先月行われたアジアカップも見ていたのかちょっと気になるところだ。

さて、そんな朝青龍が昨年末こんな画像を投稿していた。

こちらは昨年末、朝青龍が投稿していた写真。上半身裸の朝青龍の横にはどこかで見たことある人物が・・・。

そう、ミランの“バンディエラ"であるパオロ・マルディーニ(と思われる人物)との2ショット写真である。詳しいことは判明していないが、おそらくリゾート地で面会していたと思われる。なかなか意外な組み合わせであった。

ちなみにこのマルディーニだが、こんな世界的アスリートとも交流がある模様。

先日行われたテニス全豪オープンの男子シングルスの優勝者、ノヴァク・ジョコヴィッチ。右にいるのは、もちろんアンドレイ・シェフチェンコである。

バーゼル大好きロジャー・フェデラーとも。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら