12日、トルコの強豪ガラタサライ対コンヤスポルのカップ戦ベスト16が行われた。

通称「トゥルキエ・クパス」と呼ばれるこのカップ戦。ガラタサライはリーグ最多となる15度の優勝経験を誇り、昨シーズンも優勝を果たしている。

通算16度目の優勝を狙い決勝トーナメントに挑んだガラタサライだったが、この試合で輝いたのがオランダ代表MFヴェスリー・スナイデルだ。

今年で31歳を迎えるオランダ代表のプレーメーカー。2013年からガラタサライに加入しており、昨シーズンはディディエ・ドログバらとともにUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントにも進出した。

その活躍ぶりからマンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといったビッグクラブへの移籍も噂されるスナイデルだが、見事な2得点をゲットしている。


相手GKが一歩も動けない強烈なミドルシュートと、相手の意表を突く見事なループシュート!

文句なしとはこのこと。素晴らしい2得点でチームの勝利に貢献、ガラタサライは準々決勝進出を決めた。