2月16日、『Tasnim』は「前ペルセポリス監督のアリ・ダエイ氏は、イラン代表FWサルダル・アズムンに対して苦言を呈した」と報じた。

先日行われたアジアカップではレギュラーとして起用され、20歳でレザ・グーシャネジャドのポジションを奪ったことで大きな話題になった「イランのメッシ」ことサルダル・アズムン。

若くしてロシアリーグでデビューを果たし、ルビン・カザンでもすでに結果を残している選手であり、アジアでも屈指の才能を持つ選手だと言われている。

しかしかつてイラン代表のエースとして活躍した伝説のストライカー、アリ・ダエイ氏の視点では、彼にはまだ足りないものがあるようだ。特に何試合かの早い時間帯で足をつったことからか、よりハードワークをしなければならないと話した。

アリ・ダエイ

「サルダルはまだ若い選手だ。アジアカップではいいところを見せたし、2ゴールも奪った。しかし、偉大な選手になるために集中しなければならないよ。彼はもっとハードワークをしなければならない。

(アーセナルから興味を持たれているが)

いや、我々イランには多くの偉大な選手がいて、サルダルがそれらのレベルに達するにはまだまだ長い道のりがあるよ」
ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら